DEADNING(デッドニング)


デッドニング施工メニュー

当店のデッドニングのメニューは3種類+1。

デッドニングの施工でスピーカー本来の性能が発揮されます。

ドア左右2枚分、部材、工賃すべてコミコミ価格ですので安心してご用命ください!  *注 車両の状態等により追加が発生する場合があります。

LIGHT (ライト)

使用部材

制振材:レジェトレックス・AURIXダンピングマット・オーディオテクニカAquiet

吸音材:エプトシーラー・オーディオテクニカ Aquietシリーズ

 

上記部材を車両に応じて適宜使用。(選択は不可です。)

 

 

標準価格 38.500円 (税込)


STANDARD (スタンダード)

使用部材

制振材:レジェトレックス・オーディオテクニカ

吸音材:エプトシーラー・オーディオテクニカ Aquietシリーズ

 

上記部材を車両に応じて適宜使用。(選択は不可です。)

 

 

標準価格 55.000円 (税込)


EXPERT(エキスパート)

使用部材

制振材:レアルシルト・レジェトレックス・STP・オーディオテクニカ  Aquietシリーズ

吸音材:エプトシーラー・オーディオテクニカ Aquiet・フェリソニ・

 

上記部材を車両に応じて適宜使用。(選択は不可です。)

 

 

標準価格 88.000円 (税込)


ドアデッドニングって?

デッドニングを説明すると、スピーカーの作動時に起きる不要な共振(音)の排除と音の回り込みを防ぎ、背面からの排圧をコントロールする作業です。

簡単に言ったらドアを『箱』化するんです。スピーカーって箱に入ってないと良く鳴らないんです。特に低域はスカスカ。原因は音の回り込みであり、だから箱に入れるんです。ドア内部はサービスホールという整備用の開口部が多くありそこから回り込むので、そこを塞いで箱化して、薄い鉄板で出来ているドアをスピーカーの振動に耐えられるよう強化する。あとは箱の内部に残る不要な音を拡散・吸収しスピーカー(振動板)の動きをスムーズにして本来の性能を引き出すことです。

ちなみに上記のライト・スタンダード・エキスパートの違いは箱化の強度と内部処理の質の違いです。

効果は中低域のボリュームが上がりシャープに、ドア全体で鳴っていた付帯音(スピーカーから出る音以外の音)が減りクリアになり、本来のスピーカーの音色が実感できます♪♪

ただし、施工は非常にデリケートで多くの知識と技術と経験が必要です。特に箱の内部の処理が一番重要です。やり方が悪いと文字通り音がDEADします。手直しで来店されるかたも時々いらっしゃいますが、剥がす作業が追加されるのでだいぶ割高になりますよ。

施工は十分に実績のあるお店を選びましょう。

 

 

表示は国産標準車の価格です。車両によっては別途工賃が発生する場合があります。

 

お気軽にお問い合わせください。

TEL 090-7167-1035 

mail:  peaceaudio@docomo.ne.jp